24
12月

軽い負荷なのにどんどん鍛えられる!体への負荷も少ない

体を勘違いさせることによって行う

ウェイトトレーニングを行うことで筋肉を鍛えることが出来ます。より筋肉を増やすのであれば負荷を増やしていかなければいけません。負荷をかけるにはそれなりに道具も必要になります。そこでより軽い負荷で行える加圧トレーニングをしてみましょう。この場合、通常より少ない負荷でありながら筋力をアップできます。加圧、つまりは血流を滞らせることで体をだまします。負荷が小さいのに大きいように勘違いさせることで、筋肉を大きくすることが出来ます。

体への負担を少なくしながら筋肉をつけられる

重いものを持つことで筋肉を増やす方法があります。筋肉に負荷がかかり、筋肉を強くする目的は達成することが出来ます。ただ、それと同時に体の他の部分にも大きな負荷がかかります。骨であったり、皮膚などにもかかることになり、場合によってはけがをすることもあります。加圧トレーニングは、少ない負荷でトレーニングをすることが出来ます。軽いウェイトで鍛えることが出来るので、骨などへの負担を少なくしながら鍛えることが出来ます。

専門家に補助をしてもらいながら行う

トレーニングを行うとき、トレーナーが計画を行って補助をしてもらうことがあります。スポーツ選手などは専属のトレーナーと契約することもあります。一般の人の場合、普通にウェイトトレーニングをするなら特にトレーナーは必要としません。でも加圧トレーニングを行うときは専門家が必要です。加圧の方法であったり、適切な加圧の調整、ウェイトのコントロールもしてもらう必要があります。自分一人で行うのは難しいトレーニングです。

加圧トレーニングなら横浜のスタジオを利用することで、優れたアクセス性や丁寧な指導など、様々なメリットを感じられます。