26
12月

これで悩まない!ニキビ跡対策の3つの方法

良質な睡眠を取ろう!

ニキビの出来にくい肌にするためにも、睡眠はしっかりと取る事がとても重要なポイントとなります。どれだけ睡眠を取っても、質の悪い睡眠だと意味がありません。良質な睡眠を取るためには、まずお布団に入る前の2時間は何も食べないように心掛けましょう。食べてすぐに寝てしまうと、食べ物がまだ消化されていない状態で寝てしまうため、食べ物の栄養がしっかりと吸収されません。そして長い時間睡眠を取れば良いものではなく、長くても8時間までにするのが、良質な睡眠となります。

食事は肌に良い栄養を意識しよう!

食べ物は肌に大きく影響してきますので、バランスの取れた食生活を心掛けましょう。中でも特に肌に良いと言われているビタミンが多く含まれている食べ物は、人参やホウレンソウやレバーです。また大豆や魚類には良質なタンパク質が多く含まれていますので、積極的に食べといいです。そして動物性脂肪や糖分やカフェインは、摂取し過ぎるとニキビが出来やすくなりますので、スナック菓子やチョコレートなどたくさん食べ過ぎるのは避けた方がいいでしょう。

新陳代謝を良くするためにも適度な運動をしよう!

ニキビの出来にくい肌にするためには、体の新陳代謝を上げる事も大切です。新陳代謝を上げるには、無理のない適度な運動を心掛けるようにしましょう。体の血流が良くなると、肌にも栄養が行きやすくなり、肌荒れを予防する事が出来ます。しかし無理をし過ぎると、反対にストレスとなってしまいますので無理の範囲内で行うのが大切です。主に挙げられる適度な運動としては、ウォーキングやヨガや軽いストレッチなどですので、空いた時間などにリラックスしながらやるようにしましょう。

ニキビ跡を消すためには、天然成分がたくさん配合されている美容液を利用したり、皮膚科で専門的なケアを受けたりすることが必要です。